研究員紹介

澤田 和明
所長
アクチュエーション&センシングデバイス領域リーダー

澤田 和明

集積回路技術とセンサ技術を融合した種々のスマートセンサを研究開発しています。新しい原理のセンサによる高感度化・高機能化と、そのセンサの優位性を発揮するための信号処理を一体化し、特に、バイオ関連技術と集積回路技術を融合した”インテリジェントバイオチップ”関連の研究を進めています。

中内 茂樹
副所長
ヒューマン・ブレイン情報学領域リーダー
インキュベーション施設長

中内 茂樹

私たちは普段、何の苦労も感じることなく物を見て、理解し、行動しています。こうした「視覚」を支えている脳機能や仕組みを解明するとともに、そうした基礎研究に裏打ちされた新しい視覚情報処理技術を開発しています。

柴田	隆行
ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー長

柴田 隆行

独創的・先進的な高付加価値製品を創出する次世代のマイクロ・ナノ構造創成技術に関する基礎研究と革新的な新機能を有するミクロな世界で活躍するマイクロ・ナノ電子機械システムに関する種々のデバイス開発を行っている。

中鉢 淳
准教授

中鉢 淳

多細胞生物-微生物間相互作用は、農業生産や医療に密接に関わるのはもちろん、生物に劇的な進化をもたらす原動力となることがあります。私は最先端の工学技術を駆使して、その成り立ちの理解を進め、幅広い応用展開の基盤づくりをすすめています。

鯉田 孝和
准教授

鯉田 孝和

視覚認知の神経基盤を理解するために、E I I R I S – 3ライフサイエンスラボにて動物(主にサル)の行動と神経活動を記録する実験を行っています。ヒト心理実験との連動、神経活動を見るための電位・イオン・光センシングの応用に特徴があります。

真下 知昭
准教授

真下 知昭

圧電アクチュエータは、高出力密度(小さくても大きな力)という優れた特長を有しています。この特長に注目し、私は、わずか1ミリメートルの医療用モータの開発や、軽くても大きな力のでるロボット用モータの研究開発を行っています。

赤井 大輔
助教

赤井 大輔

人が感じることのできない超音波や赤外線は、医療診断装置、セキュリティなど様々な分野への応用が広がりつつあります。私は、Si半導体と強誘電体薄膜とを融合し、これらの信号を可視化できる小型・高感度なイメージセンサの開発を進めています。 EIIRIS-2の館内設備/装置管理

テニュアトラック助教

高村 司

透過型電子顕微鏡を用いて液体中にある生体物質活動や化学反応をリアルタイムに観察可能なTEMナノカプセルの開発を行っています。また磁性ナノ粒子上にマイクロ粒子が吸着する磁気的自己組織化を用いた高感度生体物質検出を行っています。

飛沢 健
技術専門職員

飛沢 健

技術専門職員

坂井 悦子

高瀬 博行
特命技術職員

高瀬 博行

研究員

若月 幸子

事務スタッフ

浮海 文子