新東工業先端融合ロボティクス共同研究講座が実施されました

 新東工業(株)と本学による共同研究講座「先端融合ロボティクス共同研究講座*1」における人材育成研修(ロボット専門技術者研修プログラム*2)の一環として、革新センシング技術創成分野 野田俊彦准教授による「センサとIoT(CMOS/MEMSセンサ概論と見学・実習)」が行われました(講義 2021/2/26、実習2021/10/26)。
 本講義は、MEMSの基礎知識と様々なCMOS/MEMSセンサを学ぶ座学とCMOS/MEMSセンサの製造プロセスを体験する見学・実習からなっており、本研究所LSI工場にてプロセス見学・実習が実施されました。参加者からは「半導体設計・製造・評価の全てを実施できる施設を見学でき、半導体製造の理解を深めるのに有意義でした」「実際に体験をしながら説明もしていただいたため理解しやすかった」など好評をいただきました。

 

*1 先端融合ロボティクス共同研究講座:
 両機関の知識・経験・人的資源を相互に活用・連携協力することで、先端技術シーズを融合したセンサ・AIソフト技術等による先端融合ロボット技術を実現し、両機関の更なる発展ならびに我が国の科学技術の振興に資することを 目的に2020年度に開設。詳細はプレスリリースをご覧ください。

*2 ロボット専門技術者研修プログラム:
 先端融合型の次世代ロボット実現に向け、センシング技術、知能ロボティクス技術、ロボット機構・制御技術、材料技術などの必要となる要素技術およびシステム化技術を研究開発し、先端融合ロボット技術開発を担う専門技術者を育成する。

 

 

   

 

<参考>2021/2/26実施の「CMOS/MEMSセンサ概論」の報告はこちらをご参照ください。

お知らせ  2021.11.15