Electronics-Inspired Interdisciplinary Research Institute (EIIRIS) of Toyohashi University of Technology

EIIRIS Electronics-Inspired Interdisciplinary Research Institute
TOYOHASHI UNIVERSITY of TECHNOLOGY

エレクトロニクス先端融合研究所(EIIRIS)は、2010年 10月に豊橋技術科学大学では初めての研究所として設立されました。本学のもつ優れたエレクトロニクス先端技術を、医学・医療、農学・農業や情報・通信などの諸分野の「先端知」と融合させ、現代の環境・エネルギー問題や、食料・人口問題にも対応する新しい融合研究分野の展開に取り組みます。

イベント Events

 

第36回集積回路技術講習会

概要:

「nMOS集積回路の製作と集積回路設計の基礎」をテーマに下記日程にて講習会を開催いたします。

 半導体(LSI)製造工程を設計・製作から評価まで一貫して体験できるプログラムとなっています。この機会を是非ご活用下さい。

詳細は、第36回 集積回路技術講習会のご案内をご覧下さい。

期間: 平成28年7月25日(月)~7月29日(金)
会場: ベンチャービジネスラボラトリー,固体機能デバイス研究施設
募集要項: PDFファイル
申込書: MS-WORD(docx)ファイル
募集期限:

2016年7月8日(金)

 

 

平成28年度 EIIRISプロジェクト研究募集

概要:

本学における大学院生・若手研究者を擁する大学院の知的活力を活用し、研究科・専攻の枠を越えた様々な研究者等と協力して、起業家マインドを持ち、独創的・創造的な研究・開発を推進するとともに、高度の専門的職業能力を持つ創造的な人材育成を推進し、異分野融合研究、産学連携および社会貢献に繋がる研究開発を目的としています。

対象となる主な研究テーマは下記の通りです。

  1. 1. LSI 工場を活用した機能集積化知能デバイスの開発・研究
  2. 2. 次世代を見据えた先端的異分野融合研究・開発
  3. 3. EIIRIS の研究施設・設備を活用した研究・開発
募集要項: PDFファイル
様式: MS-WORD(docx)ファイル
募集期限:

2016年5月18日(水)

提出先:

研究支援課センター支援係 内線 6574・2071

E-mail:kencen@office.tut.ac.jp

EIIRIS利用に関する問合せ: support@eiiris.tut.ac.jp

 

 

 

平成28年度 EIIRIS研究プロジェクトにおける
EIIRIS装置利用ガイダンスのご案内

日時:

2016年4月28日(木) 18:00-19:00 (受付 17:40から)

場所:

A-101 講義室

対象:

EIIRISプロジェクトに申請を希望する者

EIIRISの設備・機器の使用を希望する者

概要:

学内の方々に、エレクトロニクス先端融合研究所(EIIRIS)、LSI工場等の先端的な研究装置や環境を活用した研究を推進していただくために、EIIRISの装置利用ガイダンスを開催いたします。EIIRIS装置利用のサービスでは、装置の利用にとどまらず、より高い次元での分野融合研究や、異分野の技術を導入した独自の研究展開の支援や推進を目指しています。EIIRISの装置利用をご希望の方、関心のある方は、ぜひ、ご参加ください。

問合せ: support@eiiris.tut.ac.jp

 

 

 

EIIRIS プロジェクト研究成果報告会
第4回次世代シークエンス技術応用研究会
  −遺伝子解析技術と工学技術の融合による新たな価値の創造−

日時: 2016年2月29日(月)
会場:

国立大学法人豊橋技術科学大学 エレクトロニクス先端融合研究所

ベンチャービジネスラボラトリー3階 プロジェクト研究交流室

URLおよび資料:

http://www.eiiris.tut.ac.jp

プログラム (PDF)

参加料:

成果報告会/研究会: 無料
情報交換会/懇親会: 2,000円

申込み:

参加申込書(PDF Word)の記入要領に従って、E-mail(gene-tec@eiiris.tut.ac.jp)またはFax(0532-81-5133)までお申込みください。※1月12日より受付開始致します。

プログラム
11:00~11:50

施設見学(希望者)
集積回路/センサ/MEMSデバイス研究開発施設(通称「LSI工場」)/異分野融合研究施設(EIIRIS-1)見学 ※10:50に講演会場に集合

12:30〜 研究会(講演会)受付開始

13:00~13:05

開会挨拶
豊橋技術科学大学 副学長/エレクトロニクス先端融合研究所所長/電気・電子情報工学系 教授 石田 誠

13:05~13:50

招待講演(I) 『八倍体イチゴの全ゲノム解析と育種への応用』
かずさDNA研究所 先端研究部 植物ゲノム・遺伝学研究室 主任研究員 白澤 健太

13:50~14:20

招待講演 『イオンイメージセンサの研究開発と応用』
豊橋技術科学大学 学長補佐/エレクトロニクス先端融合研究所 副所長 電気・電子情報工学系 教授 澤田 和明

14:20〜14:30 休憩

14:30~14:50

研究成果報告(1) 『DNAシークエンサーを用いた土壌線虫群のバーコード解析』
豊橋技術科学大学 環境・生命工学系 教授 浴 俊彦

14:50~15:10

研究成果報告(2) 『無機物代謝に関わる好酸性微生物の特性解析』
豊橋技術科学大学 環境・生命工学系 教授 平石 明

15:10~15:30

研究成果報告(3) 『生体分子損傷を指標とするプラズマ医療デバイス評価方法の開発』
豊橋技術科学大学 環境・生命工学系 教授 水野 彰/助教 栗田 弘史

15:30~15:50

研究成果報告(4) 『海洋性光合成細菌 Rhodovulum sulfidophilum の菌体間コミュニケーション』
豊橋技術科学大学 環境・生命工学系 講師 梅影 創

15:50~16:10

研究成果報告(5) 『酵素光デバイスを用いた細胞間の物質的情報伝達の解明と医療器材への応用』
豊橋技術科学大学 環境・生命工学系 講師 吉田 祥子

16:10~16:30

研究成果報告(6) 『次世代シークエンサーを用いた藻類の光制御技術の開発』
豊橋技術科学大学 環境・生命工学系/エレクトロニクス先端融合研究所 助教 広瀬 侑

16:30~16:50

研究成果報告(7) 『キジラミ共生細菌の産生する新規化合物の生物活性評価等』
豊橋技術科学大学 エレクトロニクス先端融合研究所 准教授 中鉢 淳

16:50〜17:00 休憩

17:00~17:45

招待講演(II) 『次世代シークエンサーを用いた乳幼児てんかん性脳症の遺伝要因の解明』
浜松医科大学 医化学講座 教授 才津 浩智

17:45~17:50

閉会挨拶

17:50~18:00 情報交換会準備
18:00~19:30

情報交換会・懇親会
(プロジェクト研究交流室:講演会場と同じ) 参加費:2000円
※ひばりラウンジから変更になりました。

 

20160229 Annual Meeting

31回 EIIRIS イブニングコロキアム

日時:

2016年2月23日(火) 17:30-18:30

場所: EIIRIS 1F エントランスホール
言語:

日本語/英語/そのほか

形式:

基調講演とフリーディスカッション

基調講演:

「人の優しさを科学する」

北崎充晃先生(情報・知能工学系准教授)

 

性善説と性悪説のどちらが真実なのでしょうか?まだその答えはありませんし,それは哲学的問題あるいは文化的な問題だと言う人もいます。近年,向社会性や道徳に関しての発達心理学や認知神経科学の研究が盛んになり,この問題について科学的なアプローチが取られつつあります。本講演では,同情,共感,そして公平感についての最近の研究の概観を行い,私が関与している最新の研究についてご紹介します。

お知らせ:

Evening Colloquium on 2015/9/8

教職員、学生、どなたのご参加も歓迎いたします。

 

 

第30回 EIIRIS イブニングコロキアム

日時:

2016年1月19日(火) 17:30-18:30

場所: EIIRIS 1F エントランスホール
言語:

日本語/英語/そのほか

形式:

基調講演とフリーディスカッション

基調講演:

「多軸鍛造法を用いたバルクナノメタルの実用化」

三浦博己先生(機械工学系教授)

 

巨大なひずみを金属・合金に加える「ひずみ加工法」を用いた結晶粒の超微細化に関する研究が盛んに行われている。そして、平均粒径200nm以下のバルクナノメタルが得られるようになった。結晶粒の超微細化は、強度上昇の他、加工性、耐食性、摩耗性等々、様々な優れた特性を同時にもたらすことが明らかになりつつある。しかし、巨大ひずみ加工法は、試料サイズ、形状、生産性等の面で、その実用化は困難であると考えられてきた。私たちの研究グループは、独自に開発した巨大ひずみ加工法「多軸鍛造(MDF)法」を用いた結晶粒の超微細化を試みてきた。そして、様々な金属合金に対して適用し、平均粒径200nm以下の超微細粒組織を得ることができた。本発表では、様々な金属・合金に適用した結果と、それらの特異な性質について、マグネシウム合金の結果を中心に紹介する。

お知らせ:

Evening Colloquium on 2015/9/8

教職員、学生、どなたのご参加も歓迎いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

What's New

2015年10月22-23日
The Irago Conference 2015が開催されました。皆様のご参加、ご助力に感謝いたします。
2015年8月1日
次世代シークエンサー解析講習会(2015年9月24-26日)を開催いたします(申し込み期限8月24日)。
2015年5月13日
真下先生の研究がテレビで紹介されました。
2014年11月6-7日
The Irago Conference 2014が開催されました。皆様のご参加、ご助力に感謝いたします。
2014年6月10日
Sandhu先生がIOPのPodscat "Nanotechnology Discussions podcasts celebrating 150 years of Maxwell equations"に参加されました。以下のサイトからも視聴可能です: nanotechweb multimedia channel および Nanotechnology journal homepage)
2014年4月9日
The Irago Conference 2014を開催いたします(11月6/7日)
2013年10月24-25日
The Irago Conference 2013が開催されました。(報告記事)
2013年7月22日
中鉢先生の論文がNatureで紹介されました。
2013年6月24日
EIIRISプロジェクト研究成果報告会を開催しました。
2013年3月5日
EIIRIS成果報告会を開催しました。
2013年2月16日
EIIRIS研究プロジェクトの公募を締め切りました。
2013年1月30日
EIIRIS研究プロジェクトの公募を開始しました。(2月15日締切)
Video Introduction to EIIRISVideo Clip Images
EIIRIS Activity Report

EIIRIS Brochure (2016/01)

Brochure 2014 p.2

The Irago Conference 2015