Top >  スタッフ紹介

スタッフ

Professor Sawada

所長
先端センシング領域リーダー

澤田 和明
集積回路技術とセンサ技術を融合した種々のスマートセンサを研究開発しています。新しい原理のセンサによる高感度化・高機能化と、そのセンサの優位性を発揮するための信号処理を一体化し、特に、バイオ関連技術と集積回路技術を融合した"インテリジェントバイオチップ"関連の研究を進めています。

Professor Nakauchi

副所長
ブレイン情報テクノロジー領域リーダー
インキュベーション施設長

中内 茂樹
私たちは普段、何の苦労も感じることなく物を見て、理解し、行動しています。こうした「視覚」を支えている脳機能や仕組みを解明するとともに、そうした基礎研究に裏打ちされた新しい視覚情報処理技術を開発しています。

Professor Eki

バイオ・グリーンテクノロジー領域リーダー

浴 俊彦
分子遺伝学 / 分子生物学 / ゲノム機能学

先端材料計測領域リーダー
ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー長

柴田隆行
独創的・先進的な高付加価値製品を創出する次世代のマイクロ・ナノ構造創成技術に関する基礎研究と革新的な新機能を有するミクロな世界で活躍するマイクロ・ナノ電子機械システムに関する種々のデバイス開発を行っている.

准教授

岡田 浩
窒化物半導体などのIII-V族化合物半導体とナノ材料、シリコン集積回路との一体化による高感度紫外光センサなどセンサ開発や、微細加工、イオンビーム技術を応用した発光デバイスなど、プロセス開発およびデバイス作製に取り組んでいます。

Dr Nakabachi

准教授

中鉢 淳
多細胞生物-微生物間相互作用は、農業生産や医療に密接に関わるのはもちろん、生物に劇的な進化をもたらす原動力となることがあります。私は最先端の工学技術を駆使して、その成り立ちの理解を進め、幅広い応用展開の基盤づくりをすすめています。

Dr. Minami

准教授

南 哲人
感性情報やひらめき・気づきなどの潜在的な情報を理解することは、ヒトにやさしい情報環境の構築には重要です。私は、顔を中心とした非言語コミュニケーションや、ひらめき・気づきなどの情報理解度に関して、脳活動計測を行っています。

認知神経工学研究室

Dr. Koida

准教授

鯉田 孝和
視覚認知の神経基盤を理解するために、E I I R I S - 3ライフサイエンスラボにて動物(主にサル)の行動と神経活動を記録する実験を行っています。ヒト心理実験との連動、神経活動を見るための電位・イオン・光センシングの応用に特徴があります。

視覚神経科学研究室

Dr. Mashimo

准教授

真下 知昭
圧電アクチュエータは、高出力密度(小さくても大きな力)という優れた特長を有しています。この特長に注目し、私は、わずか1ミリメートルの医療用モータの開発や、軽くても大きな力のでるロボット用モータの研究開発を行っています。

助教

赤井 大輔
人が感じることのできない超音波や赤外線は、医療診断装置、セキュリティなど様々な分野への応用が広がりつつあります。私は、Si半導体と強誘電体薄膜とを融合し、これらの信号を可視化できる小型・高感度なイメージセンサの開発を進めています。
EIIRIS-2の館内設備/装置管理

D. Akai

Lec Oi

特任講師

大井 英生
シリコン基板の上に、局所的に結晶を成長させることで、髪の毛よりも細い針を作ることが出来ます。私どもはこれを電極として、生体の神経に流れる信号を拾うチップを製作しています。また、実際に使うための配線やパッケージの開発を行っています。

Dr. Hizawa

テニュアトラック助教

高村 司
透過型電子顕微鏡を用いて液体中にある生体物質活動や化学反応をリアルタイムに観察可能なTEMナノカプセルの開発を行っています。また磁性ナノ粒子上にマイクロ粒子が吸着する磁気的自己組織化を用いた高感度生体物質検出を行っています 。

Dr. Hizawa

技術専門職員

飛沢 健
 

Ms. Sakai

技術専門職員

坂井 悦子
 

Mr. Takase

特命技術職員

高瀬 博行
 

Dr. Hizawa

研究員

岡村 恵子
 

Dr. Hizawa

研究員

若月 幸子
 

Yuko Kobayashi

事務スタッフ

小林 祐子
 

Ayako Ukai

事務スタッフ

浮海 文子
 

pagetop